報告

湯星館の駐車場では、照明があってあまりよく見えないですが、灯りのないところでは、頭の上を横断する天の川に感動!さっそく20cmドブソニアンを使って、M31、エイチカイ、M57、M13などをさっと見る!
エイチカイの迫力、150倍で見るM13のザラザラ感!素晴らしいです( ^ω^ )
ギガスターで再現する際の品質確認のため、しっかり記憶に焼き付けておきます!
明宝!こんだけ見えれば良いですねぇ〜( ^ω^ )

***

M31・・・眼では明るい部分が見えていますので、普段写真で見慣れているアンドロメダ銀河とは違って、隣にあるM32との距離間が結構遠い感じがします。写真ではM31の淡い周縁部が迫っていますが、眼で見る場合はさすがに結構離れて見えてしまいました。
h-x(エイチカイ)・・・二重星団の星の散らばり方は本当に美しいですね!高度が30度満たない状態でしたが、今までに見たh-xの中でもいちばんくらい綺麗でした。望遠鏡で見ると結構暗い星ですがとっても色が暖かい色の星も確認できました。
M57・・・150倍かけて見るとドーナッツがとっても可愛いですね。この星雲は結構わかりやすい位置にあるのと、惑星状星雲で視野の中に存在するとすぐに「これだ」とわかるので、慣れると150倍でもファインダーで一発で視野に入ってきます。
M13・・・とっても大きな球状星団で、ヘルクレス座ですでに高度は20度無いくらいだったと思いますが、150倍で眺めていると、大気の状態が良いときに、球状星団の中心付近にある明るい星も分解できて、いかにも「球状星団!」という感じで何分見ていても飽きませんね!
アルビレオ・・・去り行く夏を惜しんで、賢治が「サファイアとトパーズ」と表現した美しい色彩の対比を楽しみました。

今日は昼間は、抜けるような青空ではなく、やや白くかすんでいましたが、車から降りて上を見上げてすぐに、わし座から白鳥座、カシオペア座と夏から秋に続く天の川が頭上を横断しているのが見えて、とっても意外でした。双眼鏡で銀河に沿って眺めていると、星星が本当に綺麗ですね。夜20時の空でここまで見えれば、一般の方に美しい星空を満喫いただくには十分だと思いました。

今回は、20cmのドブソニアンでしたが、民宿などで設置する場合は、もう少し大きくて25cmくらいのものにして、台車に乗せて庭に出して私用するくらいがちょうどいいかも。このサイズだと、2インチの合いピースも余裕で使えるので、視野100度のイーソスアイピースを奮発して見ていただくと、すごいと思いました。

やはり、眼で観察するのは醍醐味があってよいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お名前 *

ウェブサイトURL

コメント

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>