新 GIGASTAR®SKY は両面バックライト!?(*^_^*)

日付が変わったので出願したアイデアをばらしますと、星座早見円盤と星座シートを両方同時に使える、新しいGIGASTAR®SKYに関する発明でした!

ポイントは、今まで片面だけだったバックライトを、本体の背面に窓を開けることで両面バックライトとして、表に星座早見円盤、裏に星座シート、という組み合わせや、表は星座シート、裏には星雲星団シート、という組み合わせで使えるようにしたことです(*^_^*)

表の枠を楕円窓にして星座早見円盤で星空全体観察したあと、ひっくり返して星座シートを見ながら星座を詳しく観察するような利用方法や、表の枠を四角窓にして星座シートで星座全体を観察したあと、ひっくり返してその星座に含まれる星雲星団シートを詳しく観察するような利用方法が可能になります。

両面バックライトにするために必要なコストはわずか50円程度。従来の片面タイプのものも、裏面にカッターナイフだ窓を開けて、枠を取り付けることで両面バックライトにバージョンアップすることもできます(*^。^*)

プラネタリウム専用のGIGASTAR®SKYは、標準で、この両面バックライトタイプで製作しようと思います。

1091550037620715

は、今までのように星座早見盤として使って・・・

1091550034287382

裏返すと、四角窓のバックライトとなっていて、星座シートや星雲星団シートを装着して使えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お名前 *

ウェブサイトURL

コメント

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>