星空環境講演会 ご来場の皆様ありがとうございました


FBでもご紹介しておりましたが、東洋大学の越智先生を講師に招いた「星空環境講演会」が、無事開催されました。
平日にもかかわらずお越しいただけた皆様ありがとうございました。

シンヤスさんの投稿のメッセージにも書きましたが、越智先生の講演は通常は90分ということで、今回は後半のイベントもあることで60分でお願いしましたが、省略することとなって飛ばされていくスライドが、とても興味ある内容が書かれていて、もっとたくさんお話が聞きたかったなぁというのが正直な気持ちでした。

今回は、「光害」というテーマでの講演会でしたが、私はそれ以上に、人々の社会における課題に対するスタンスの取り方、考え方について、とても大きな気づきが得られた講演会でした。

「光害」は、人間生活で発生する無駄な光を空に放出することで発生する様々な悪影響を言います。それは、立場の異なる人々ではその課題やあるべき姿の捉え方が違ってきます。しかし、両方を包含する「あるべき姿」を考えるとき、その立場を越えて本当に大切なものが見えてくる。
私はどちらかと言うと「星好き」の立場の人間でしたが、より俯瞰した立ち位置で課題の本質を捉えることの大切さを学べたと思います。

また講演会の終了後には、みなさんがご自宅から参加できる「光害」調査について紹介させていただき、さっそく9月3日からの「はくちょう座」のキャンペーンんい参加しましょうということで、スクリーンに星図を映し出して、調査の体験も行いました。今後、ブラザー従業員をはじめとした、今回参加されたみなさんと取り組みたいと思います!

また、せっかくなので、望遠鏡を用いた天体観察も行いました。幸いにも天気予報が大きく外れ、月齢12の月が綺麗に見えました!
また、天候不順を見越して準備していた、GIGASTAR®を用いて、アルビレオや二重星団(h-x)を天体望遠鏡で観察する疑似天体観察も行いました。

今回のイベントにご尽力いただきました、越智先生、ブラザー星空同好会のみなさん本当にありがとうございました。

星空環境講演会 ブラザー従業員と一般の市民のみなさん、合計50名弱の方に参加ただき、BCSの会場は満席になりました(^^)/ 参加いただけた皆様、ありがとうございました!

星空環境講演会
ブラザー従業員と一般の市民のみなさん、合計50名弱の方に参加ただき、BCSの会場は満席になりました(^^)/
参加いただけた皆様、ありがとうございました!

真っ暗のなかで望遠鏡を覗きこむ来場者 ビクセンさんに提供いただき、富士オプティックスさんに無償で製作いただいた、近距離にピントが合う130mm反射望遠鏡で、h-xを再現するGIGASTAR®HOMEを観察しています。

真っ暗のなかで望遠鏡を覗きこむ来場者
ビクセンさんに提供いただき、富士オプティックスさんに無償で製作いただいた、近距離にピントが合う130mm反射望遠鏡で、h-xを再現するGIGASTAR®HOMEを観察しています。

今回は、東洋大学が行う社会貢献活動「講師派遣サービス」を活用させていただきました。 大変有意義な講演会となりました。

今回は、東洋大学が行う社会貢献活動「講師派遣サービス」を活用させていただきました。
大変有意義な講演会となりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お名前 *

ウェブサイトURL

コメント

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>