GIGASTAR® と SKY-PASS プラットフォーム

めちゃシンプルな基礎的な動作ですが、お客さんが持つNFCタグを読み込むと、サーバーにリクエストが行って、その望遠鏡IDとお客様IDに基づいて選択された解説用の画面が表示される動作のデモの映像です。

この動作以外に、お客さんの視度に合わせた望遠鏡のピントが自動的に設定されたり、ボタン操作でピント調整したり、その状態をサーバーに記録させたりする動作もあります。
望遠鏡サイドでの機能は、このモジュールで完結します。あとはサーバー側の機能で実現されます。

このNFCタグ。我々は「星空パスポート(SKY-PASS)」と呼んでいます。

今後、GIGASTAR®が導入されるプラネタリウムや「星空の宿」に導入される全自動天体望遠鏡を利用するタッチポイントを中心に、天文に興味を持つすべての人、特にお子さんに普及させて行きます。
そして、お子さんの成長とともに、星空に触れ、学ぶ、全てのタッチポイントで、有効に活用できるプラットフォームを構築したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お名前 *

ウェブサイトURL

コメント

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>