GIGASTAR® まあ準備が終わっていない(^^;

明日の講座だというのに、自動穴開け装置はまだ穴をひたすらあけています・・・
昨年は全部で6時間くらいかけて1万個の星を手動で開けましたが、今年は機械が「がたがた」と開けてくれるので、35分足らずで開け終えます。でも1台で行わないといけないので結構時間かかります。大体毎秒5個のペースで加工するようになったので、残り7枚を加工するのに4時間くらいですね(^^;日付が・・・
(PC作業をしていると、PCの画面が書き換えられるときなどに、一瞬穴あけが中断するのが、コワイけど、PC占有されるのもこまるのでマルチタスクで動作させてます!)

さて、完成に向けて進んでいる星空シートですが、今日スタッフと打ち合わせをした際に、まだ5.5等星以上の星は再現していない状態ですが、部屋を暗くして観察してみました。
8.5等星以下の銀河の星々100万個が織りなす銀河の淡い光芒の上に、5.5等以下の恒星の輝きがうまく混ざり合うと、本物の星空のような奥行き感が出てきました!
部屋の明かりを灯すと、ただの白い紙なのに、灯りを消すとそこには深遠な宇宙が広がっている。これに、0.0等星のベガから5.5等星までの星が加わると、さらに奥行き感は出てくるかと思います。

楽しみですね~

GIGASTAR ®
限りなく本物い近い星空をあなたに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お名前 *

ウェブサイトURL

コメント

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>