GIGASTAR® アイデアは突然降ってくる


ここ1週間、将来のことで、いろいろ悩んでいます。
ふとYouTubeで聞いた、千と千尋の神隠しで有名な「いつも何度でも」の歌詞に出てくる「ゼロになるからだ」という言葉に心が奪われ、さっそく、覚和歌子さんの同名の詩集(?)をアマゾンで入手して読みふけったり、いろいろです。

そんななかのGIGASTAR®の新しい商品展開のアイデア。

脳みそが(心が?)あっちこっち悩んでいることそっちのけで、新しいアイデアというモノは突然降ってくるのですね(^^)。
というか、いったん「ゼロになったこころ」だからこそ、そうした新しいアイデアは降り立ってくれるのかもしれません・・・

サイエンスアゴラの時に感動するような発明(もどき)は、実証試験やったら「ちゃんちゃん!」でしたが、今回は、もしも新規性でOKだと将来的にめっちゃんこ重要なもの。明細書も、GIGASTAR®の基本発明にくらべると極めてシンプルで、ページ数で言えば10分の1で表現できてしまうくらい、そして【請求項1】などは、口からすらすら出てくるようなシンプルな構成。しかも、効果は実証試験をするまでもなく明らかっぽい。
これは、直ちに出願GO!的なアイデアでした。

もちろん、高い確率で「なんだ、あかんじゃん」になる可能性もありますが、1万5千円の印紙代を投機してでも、出願するべき案件だと思いました。

それが何だったのか、1年半後に、お知らせしますね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お名前 *

ウェブサイトURL

コメント

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>