GIGASTAR® ワークショップ準備と治具 その2


一番最後まで残った治具が、ようやく目途が立ちました。
それは、パネルの枠で使用する軽天材という、厚味0.5mmの鉄でできたC型断面の形材を、ぐぐぐっとまげて、台形の断面にする加工のための治具です。

手でやれないことも無いのですが、疲れるし生産性が高くないので、治具を検討していました。最初は、台形の溝に押し込んで曲げてやろうと思って治具を製作しましたが、うまく行きませんでした。

そこで試行錯誤して、写真のようにな治具にしてみました。その結果、とてといい感じ!
最初の治具は、型と素材の摩擦抵抗が大きいのと、全体を「えいっ!」と曲げる発想でしたのでとてつもない力が必要になります。
しかしこの方式ですと、両側から曲げる方向に直接力が加わり摩擦抵抗が発生しないのと、部分的な長さで加工するので力を集中させることができて確実に素材を塑性変形させることができます。一人が力仕事で加工しながら、会い方が素材を長手方向に送っていくと、短時間で所定の加工ができるようになりました。

缶詰のふたを開ける「缶切り」が、人間の力で爪をてこの原理で強く鉄板に押し込んで鉄板を切り裂き、それをすこしずつ移動させながらふた全体を開けて行くのと同じような発想ですね。

ただ、移動する部材の根元のちょうつがいのところに大きな力が発生し、材木を素材にした治具では強度が心配なので、原理上うまく行くことがわかったので、手元にあるアルミの板で正式版の治具を作ることにします。
アルミだと、ちゃんとしたボール盤などが必要になるので、ゆめたろうプラザの創作工房で夜に加工をする予定です。

633384110103979633384113437312633384116770645

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お名前 *

ウェブサイトURL

コメント

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>