GIGASTAR® 工場の省エネ対策~よしず

日本の伝統的な省エネグッズが、よしず。
直射日光を遮ることで、空調の省エネ効果は絶大です。
ペラペラの鉄板1枚の壁のGIGASTAR®工場では、壁面にグラスウールの断熱壁面にしますが、予算の関係でこの夏は鉄板壁でしのぐ必要があります。

この鉄板壁、直射日光の下では、恐ろしいほど熱くなります。
通常の家屋では、20cm近い壁面があって、遮熱性のある外壁と、断熱材が充填された壁面があるのに比べて、鉄板一枚なわけで・・・それはすさまじい環境です!

そこで登場するのが、よしず!

エネルギーの流入を防ぐため、直射日光を避けることが、まずは一番効果があるわけで、かつてデーターセンターでサーバーが10台以上ぶんぶん稼働していた時、5月から9月末までエアコンの24時間運転をしていました。そこで少しでも省エネにするために、屋根や南面によしずを設置していまして大変効果がありました。

今回は、天井、南面、西面、東面の一部をよしずで覆います。春先から秋まで常設するので、台風などが来た時にすぐに丸めて固定できるように、木材で取り付け枠を設置します。特に天井面は、天井とよしず面の間に20cmくらいの隙間を開けて、暖まった空気が流れるようにします。可能であればパソコン用に安価に売っている軸流ファンを数個付けて太陽光パネルの電力で送風して、強制的に空気を動かすようにしてみようかとも思っています。

コスト計算すると、木材で約1万円。よしずが全部で2万円。耐久性は、かつてのデータセンターでの実績では、外見の劣化を気にしなければ、3~4年は持ちますので、年間5千円程度のコスト。電気料金の削減コストと釣り合うかは微妙ではありますが、CO2削減のためにがんばりましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お名前 *

ウェブサイトURL

コメント

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>