GIGASTAR® 稲葉さん、ぜひお願いします!

ひとつ前の投稿への、稲葉さんのコメント「稲葉です。私にもできる仕事は、ありますか。やります、やります。」に対しての投稿です。

稲葉さん、ぜひとも以下の活動を、お願いしたいです。
私は、日中動けないので、以下のような活動を担っていただけると、とても助かります。

GIGASTAR®製作プロジェクトは、いかにたくさんの人々に製作に参画してもらうかが勝負です。個人的には、はやぶさ実物大模型の、のべ300人を越えたいと思っていますし、超えないと円滑な製作にはなりません。

なのでぜひ稲葉さんにお願いしたいのは、できるだけ手軽に参画できるシステムと場つくりと、そこに参画した方とのつながりつくりに、貢献してほしいです。

そこでお願いしたいのは、以下のことです。

1.GIGASTARのニュースリリースと、電子基板と、部品と、半田こてと、ゴーグルと、作り方説明書一式のセットを間瀬が今週中に準備しますので、これらを使って、最短20分で参加できる「GIGASTAR®お手軽参加!出張企画」が実行できるようにしてみてください。
(20分=GIGASTARの趣旨や今から行う作業の意味の説明5分(この間に半田ごてを温める)+1か所だけ稲葉さんがデモ3分+参加者に作業してもらう5分+参加証の手渡し&ツーショット3分+撤収4分 時間があれば、参加者の作業の時間を10分や15分にする。)

2.稲葉さんのネットワークで、GIGASTARの話をすると興味を持ってくれそうな方で、半田付けができそうな方のところにコンタクトとって、出向いて、あらためて趣旨を説明して、電子基板作りという形で、手作りに参加してもらう出張イベントを実施してください。
半田付け作業なので、ゆめホタルで連携した方や団体であれば、難なく実施していただけると思います。

3.参加してくれた方には、ユニークな番号を記載した、参加証をお渡しください。そして、GIGASTAR®完成披露イベントに招待するのでご希望の方は連絡先を記帳いただくようにお伝えして、連絡先をいただいて、個人情報として管理してください。

4.作業に参加した方の許可がいただければ、稲葉さんとのツーショットを撮影してください。GIGASTARの世界初に参画してくれたすべての方の写真は、GIGASTAR®Galaxy のドームの外側の、「ありがとう!」パネルに、小さくなってもいいので、全部掲載したいと思っています。昨日土江さんと、いくつかのパネルを、そうした掲示板にしようということで、デザインをお願いしました。

@@@

GIGASTARは、ベニア板や紙やアルミ箔や電子部品と言う物理的な材料と、「この地域に、こんなプラネタリウムがあったらいいな!」と思う人々の期待や興味や共感など、目に見えない資源でできあがります。私たち、ギガスター実行委員会は、それを実現するためのエンジニアリングや、仕組み作りが仕事です。

世界初の挑戦は、まずはこの地域でスタートしていますが、将来的には、GIGASTARを導入したいと願う地域の科学館が、地域の人々とのつながりなどの地域資源を活かして、手作りで、楽しく、ワイワイと創り上げられることを目指しています。その時に、私たちが出向いて行かないとできないようでは、全国への広がりは実現できません。だから、普通の作業で完成できなければいけないのです。

今回の手作りワークショップは、その試金石でもあります。

そこで、とりあえず、バックライトパネルの制御用の60枚の電子基板は、サンプル作り以外は、間瀬がひとつも手を出さずに完成できるようになれば、素敵です。

稲葉さん以外の皆さんにお願いです

知多半島界隈なら、稲葉さんに声掛けすれば、職場や団体さんに出向いて出張参加を行ってくれるかもしれません。ぜひ、稲葉さんが「そんならがんばろうかな!」と思っていただけますよう、コメントでラブコールを送ってあげてください(^^)/

そうそう!
中国に発注していた、電子基板が、昨日届きましたよ!
これが、世界初!実現モデルの、GIGASTAR®Galaxy へ搭載されます!

614788618630195

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お名前 *

ウェブサイトURL

コメント

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>