GIGASTAR® 集中開発Weeksレポート その0(投稿順逆だけど)


GIGASTAR®-HSC 恒星像抽出アプリの進捗経過その2

3万ピクセルx3万ピクセルの超巨大な「すばる望遠鏡HSC」によるアンドロメダ銀河の画像。そこに捉えられた微細な星々の位置と明るさを抽出するアプリの開発が進んでいます。

現在、1000×1000ピクセル程度に分割された画像を読み込み、移動平均でバックグランドを測定し、そこから所定の閾値以上のピクセルが連続している領域(クラスタ)を抽出し、その輝度重心を求め、輪郭線を抽出し、重心からの半径の最大と最少を求め、それから真円度を求め、これらの値から、恒星として認められる部分の位置と輪郭線を抽出するところまで完成しました。

実際にいろいろいじってみると、「ひょっこりひょうたん島(古すぎ?)」のように近接した星がある領域は、真円度が3以上になり、うまく抽出できません。
閾値を大きくすると、明るい星の方は検出されますが、暗い星の方は消えます。
こうした、異なる明るさが近接する領域の恒星像の抽出アルゴリズムや、それに適したアプリの仕様を、考える必要があります。

ということで、作っては実際の画像で処理をして、状況を見て、より良いアルゴリズムを考え、それを実施するのに使いやすいユーザーインターフェースを実装していく。しばらくはそんな作業が続くと思います。

恒星位置の抽出ができたら、次は、星のガウス分布に基づいて星の明るさを測光するアルゴリズム(PSF測光)の実装ですね!これはまた、難しそうです!!

このソフトが使いやすくできると、あとは協力していただける方を募集して、みなさんで一気に作業を完了させれると思います。

さあがんばるよ~!

763217450453977

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お名前 *

ウェブサイトURL

コメント

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>