GIGASTAR® 集中開発Weeksレポート 明日を先取り、その8


「GIGASTAR®HSC」プロジェクト。いよいよ恒星抽出作業の着手準備!

しばらく、マネタイズできる商品として重要な、光る星座早見の開発に時間を費やしてきました、並行して、アンドロメダ銀河の再現プロジェクトも進めなくちゃいけません!
ということで明日、一緒に活動に参加してくれる一の宮高校の地学部の皆さんと、第2回目の検討会を行います。

今回の会議の最も重要なのは、「目標設定」ですね。
高校生の皆さんの貴重な時間をいただき、一緒に活動を進めるわけで、無駄な時間を使わせては申し訳ありません。活動の意義、完成したものの価値、その活動に参加する楽しみ、参加することで期待される成長。
これらを、生徒の皆さんにちゃんとイメージしてもらって、納得してもらって参加してもらう。
これはとても大切だと思うので、明日はそのことを、皆さんとお話しながら見つけていきたいと思います。

「目指すべき目標」と「その実現のための具体的なプロセスのイメージ」がみなさんと共有できたら、具体的にスケジュールも引いていきたいですね。

まだアプリは完全には出来ていないのですが、まずはこの開発ウイークで進めた恒星像抽出アプリの使い方を皆さんにご説明して、皆さんがお家でアプリをインストールしてとりあえずいろいろ恒星抽出の操作を体験してもらう環境を実現して、その後に、アプリに今後必要になる機能や改善点などをディスカッションし、それに基づいて私がコードをがりがり書くという、そんな進め方になろうかと思います。
若い優秀な一宮高校の生徒さんなので、きっと、すばらしい恒星抽出アルゴリズムなどの提案もあるのではないかしらと、とっても期待しています(^^)/。

そして、いよいよアプリがFIXしたら、このFBや他のMLなどを通じて、恒星抽出作業をボランティアでお手伝いしていただける方を募集します!

おひとり、5000pixel x 5000pixel を担当するとして、おそらく、生徒さん含めて、全体で36名ほどお手伝いいただけると、無理のない範囲で、しかしやった感のある活動になるのではないかと思います。

すばる望遠鏡が見ているアンドロメダ銀河を再現する、世界初のプロジェクト!

皆様も、ぜひそのプロジェクトに参加いただければと思います!

みんなでチャレンジしましょう!

769082823200773

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お名前 *

ウェブサイトURL

コメント

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>