GIGASTAR®自動穴開け機の制御ソフトのデバグ なう (もうちょい!)

GIGASTAR®自動穴開け装置の制御ソフトの開発は、冬休み4日目に突入!
いよいよ信号出力を確認しながらの最終のデバグに入っています!
ここまでくればもうチョイってところですね(^^)/
写真のように、パソコンからコマンドを出して、それに応じてモーター駆動のパルスが 「はじめそろそろ、なかパッパ」の加減速パタンで出力されているのが分かりますね(^^)/

ちなみにこの測定装置。オシロスコープと言って、100MHzくらいの信号まで観察できる装置で、マイコン制御基板などのハードウェア開発では無くてはならない装置です。技術者の方であれば、日常的に使用している装置ですが、個人で購入するにはやや高価。この装置は12万円くらいで会社で買うにはそれほどではないですが、個人で購入するにはなかなか買えない!腹をくくって15年くらい前に購入した、私の宝ものです。
このオシロと、ICE(アイス)というCPUの動作をモニターしたりプログラムを1ステップずつ実行してバグを見つけ出したりする装置(緑色のケース)があれば、さまざまな電子機器が開発できるんですね!

ということで、当初の計画通り、紅白歌合戦を見ながら、装置のモーターを実際に動かして動作チェックに入れるかなぁ・・・

467250303384028467250300050695

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お名前 *

ウェブサイトURL

コメント

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>