GIGASTAR®開発ウィーク冬の陣2016の目標

今年は振替出勤で-1、年休で+2して、同僚よりも1日長い、12月30日~1月9日までの11連休をいただきました!この貴重な時間を使って、行わなければならないことを列挙し、以下のうち優先順位の高い項目を実施しようと思います。この休みに、どれをどこまでやれるかね・・・。

以下、覚えの長文に付き、スルーで(*^。^*)

============================

1.GIGASTAR®SKY関係
①SKYの量産試作完了(とりあえず250台分)
・外注部品の調達完了
・マニュアル校了&最初ロット発注
②配布&プロモーション計画立案完了
・全国の科学館へのDM準備
・天文関係MLへの投げかけ文作成
・天文雑誌編集部への特集記事依頼
③星座シートの試作実施
・3①、3②実施後、星座シートのオンデマンド生産方式を確立

2.プラネタリウムへのGIGASTAR®貸出事業関係
①天文学振興財団の助成金申請(1月末締め切り)
②SKYのプラネタリウム専用モデル(50台)の製作
・単3電池BOXタイプを採用
・光センサー付けて星空シート交換時に自動消灯機能追加
・アルミテープで遮光補強
・両面バックライト用、四角枠の段ボール設計&発注
③双眼鏡(50台)・天体望遠鏡(5台)の調達戦略立案
・望遠鏡メーカーへの機種選定相談と価格交渉
④貸し出しセット通い箱の設計と製作

3.GIGASTAR® 大型星空シート関係
①明宝温泉「湯星館」向けGalaxyの構造設計と消防署への提出
・パネル構造の設計完了
・消防署へ提出するための構造部材の図面化と防災方針のまとめ
②大型プリンター+レーザー穴あけ装置と連動した生産体制の確立
・採用するロール紙の決定
・ワイドプリンターへの面付け&位置制御用マーカー印刷
・マーカー撮像で位置修正する両面印刷方式の確立
・マーカー撮像で位置修正するレーザー穴あけ加工方式の確立
・マーカー撮像で位置修正する色フィルター印刷方式の確立
③プラネタリウム向け60cmパネルタイプの傾斜型ドーム対応設計
・傾斜に合わせて下向きに傾斜できる機構の付加
④小学校向け60cmパネルタイプの改良
⑤わくわくスコープの改良
⑥半田空の科学館展示用設計
・「バックライト透過星+ファイバー星」方式の展示向け
大型星空パネルの設計
⑦テーブルタイプの完成とこうじびら山の家への納品
・側面遮光板の追加
・2②を適用した、星空シートの組み込み

4.GIGASTAR®SCOPE for Planetariumu 関係
①以下②にむけて、自分のMacBookAirをMacとして使う練習
②プラネタリウム内で使用する天体望遠鏡の制御システム
「Raspherry Pi + NFC」のコアモジュールを開発していただいた、
天才高校生プログラマーからの納品&バージョンアップの
ためのレクチャー開催(1月7日)
③望遠鏡本体を含めて、NPO法人MeetsVisionさんと連携した
協働開発体制の構築スタート

5.GIGASTAR®SCOPE for Field 関係
①全自動天体望遠鏡に関連する特許出願(なるはや)
③全自動天体望遠鏡のメカ試作
④全自動天体望遠鏡の電子基板の設計と発注

6.「星空の宿」関係
①「星空の宿」のロゴマークの制作と商標出願(なるはや)

7.都市部と山間地域を星空で結ぶ事業関係(モリコロ基金)
①「泊まって発見!稲武の魅力♡」戦略会議の実施
・計画の立案と共有(なるはや)
・戦略会議の実施(1月21日)
②新城市との連携模索会議の実施

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お名前 *

ウェブサイトURL

コメント

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>