GIGASTAR(ギガスター)ならではの星空表現

ギガスターはドーム壁面に直接星を構成する「直接式」プラネタリウムです。

そのため、従来の投影式プラネタリウムでは難しかった次のような星空表現ができます。

★アラスカの針葉樹の林の中に寝転んだり歩きながら見上げたような星空 実際にドームの中にクリスマスツリーをたくさん設置して林を再現して、その中に寝転んで星を見上げたり、歩きながら星を見上げると、針葉樹の葉の間から星が見え隠れして見えます。

投影式のプラネタリウムでは、クリスマスツリーの手前に星が投影されてしまいます。恒星原版の前に液晶パネルを入れて選択的に星を消せる機能を持ったプラネタリウムもありますが、平面的な対応になるので難しいのではないかと思います。

その他、直接式ならではの星空体験を、今後いろいろイメージしてみたいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お名前 *

ウェブサイトURL

コメント

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>