GIGASTAR®Galaxy 穴あけ装置の電子制御基板 配線完了!


だいたい私の作業時間の見積もりは、2倍くらいズレてまして、先の電子回路の半田付けは、結局、昨日の午後からがっつり行って、6時間以上かかっちゃいました(^^;

ということで本日は、10時に工場に出勤し、ミスチルメドレーを聞きながら、装置に取り付けたモーターやらセンサーやらからのハーネス(電線)をコネクタに圧着して基板に美しく配線する作業を行います。こうした作業も結構時間が掛るんですよね~。今は電線がごっちゃごちゃの状態(写真)ですが、これが完了すると、装置に部品がすっきりと収まってすっきりします。

その後、いよいよ制御基板のCPUのプログラミングに入れます(^^)。

もっともこのプログラミングは、現在の1号機のものがほぼそのまま使えて、ピンの配置などが違うだけなのでそれほど大変ではありません。ただ、今回は、信頼性を上げるために、穴あけ加工中に何らかの原因でモーターがずっこけた時に、ただちに加工を停止できるように、駆動機構の動きを検出するエンコーダーを追加しましたので、その計数機能は追加しなくてはいけません。

この機能はとても大事で、そうしないと、夜加工をスタートして朝起きて見たら、不良品をずっと生産していた(^^;なんてことになってしまいます。不具合が起きたら直ちに停止して、枕もとでアラームを鳴らしてたたき起こすようにしないといけないのです(^^; ということで、安らかな睡眠のためにも、そうちの安定稼働は大切なんですね~。

646582402117483646582408784149646582405450816

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お名前 *

ウェブサイトURL

コメント

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>