GIGASTAR®HSC 一宮高校地学部のみなさん、ありがとうございました!


昨日は、地学部の皆さんの徹夜観測会の前半の時間をいただいて、GIGASTAR®HSCのバックライトパネルの製作を行いました。

午後から高校へ出向き、荷物を物理室へ運び、顧問の先生と打ち合わせ。GIGASTARの今後なども含めていろいろ情報交換しました。その後、夕食を済ませると、ぱらぱらと生徒が再登校して集まってきます。そして作業は、19時30分からスタート。映像作品の撮影を開始する23時30分までのまるまる4時間、総勢約20名の若い生徒さんたちとともにバックライトパネルを製作しました。

完成したバックライトパネルを、保持木枠に固定してカウントダウンしながらスイッチを入れると、眩いばかりの光が点灯!皆さんの喚声が響きました。

表面のポリカ板の位置合わせの課題なども新たに発見されましたが、今回のパネルは先回のエコライフフェアのパネルよりも、薄くてハンドリングがしやすく、今後のGIGASTAR®の出張上演などに機動的に活用できそうです!

稲葉さんとともに武豊に着いたのは2時前。夜半過ぎから晴れるという予想通り、空は快晴で、下弦の月は出ていましたが、頭上では冬の星座が綺麗に輝いていました。
「ああ、地学部のみんなは、観測をしてるんだろうな・・」と思いながらも、3日は出勤なので、荷物も車に載せたままで、さっとお風呂に入って、すぐに寝ました!

一宮高校地学部のみなさん、お手伝いありがとうございました!

まずは本日の目標と手順を、授業のごとくご説明。

まずは本日の目標と手順を、授業のごとくご説明。

4グループに分かれて1枚づつ仕上げます。手が空いている生徒はラグ版を半田付けするなど、作業を分担しながら進めます。さすがに普段から活動を共にしている仲間たちどうし。無駄のない動きが光ります!

4グループに分かれて1枚づつ仕上げます。手が空いている生徒はラグ版を半田付けするなど、作業を分担しながら進めます。さすがに普段から活動を共にしている仲間たちどうし。無駄のない動きが光ります!

完成したパネルを木枠(写っていませんがこの外側に鳥居のようにあります)に取り付けて行きます。

完成したパネルを木枠(写っていませんがこの外側に鳥居のようにあります)に取り付けて行きます。

4枚のパネルが完成して全点灯した様子です。 1.8mx1.8mのバックライトパネルです。ここに、アンドロメダ銀河を再現した星空シートが装着されます! 一部LEDが消えて見えるのはケーブルがLEDの前に掛っているところ、後ほど始末しておきましょう!

4枚のパネルが完成して全点灯した様子です。
1.8mx1.8mのバックライトパネルです。ここに、アンドロメダ銀河を再現した星空シートが装着されます!
一部LEDが消えて見えるのはケーブルがLEDの前に掛っているところ、後ほど始末しておきましょう!

一宮高校地学部のみなさん!お手伝いありがとうございます! バックライトパネルの面光源の照明で、(美白で)パチリ! このバックライトパネル、いろいろ活用していこうね~

一宮高校地学部のみなさん!お手伝いありがとうございます!
バックライトパネルの面光源の照明で、(美白で)パチリ!
このバックライトパネル、いろいろ活用していこうね~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お名前 *

ウェブサイトURL

コメント

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>