GIGASTAR®HSC 残念ながら今回は白黒モード!(^^;


本来のGIGASTAR®の技術では、すべての星は、その星固有の色で再現するのですが・・・残念ながら今回は、サイエンスアゴラ2015への出展がまじかに迫っていてまだ背景像の抽出アルゴリズムを修正している始末でして、色再現はあきらめることになりました!(-_-;)

色再現を行うためには、すばる望遠鏡HSCのレンズやフィルター、CCDの色の特性を踏まえた上で、色が既知の星が写った画像データを解析して、すばる望遠鏡HSCのカラーシステムをモデリングしなくてはいけません。
そのためには、HSCで撮影された画像そのものを使わなくてはいけないのですが、今回いただいたRGBの画像は、各波長別の画像を複雑にブレンドして、目で見て「銀河らしく」画像処理した鑑賞用の画像ということもあり、こうした検討作業を行うことができません。

そんなことから、今回は白黒モードで行います。

先のFB記事でも紹介しましたように、GIGASTAR®による色の再現については、一宮高校地学部のみなさんと取り組む方向で進んでいますので、じっくりと検討作業を進めて、次のバージョンのGIGASTAR®HSCの製作の際には、対応したいと思います。

そうしたこともあり、先回とっても使い勝手がよかった、ファイバー式の分光器を、導入する方向で資金調達を奔走しています!(^^;
その価格さんじゅうごまんえん!!!!

チャレンジは、まだまだ始まったばかりだなぁ・・・・お金無いなぁ・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お名前 *

ウェブサイトURL

コメント

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>