GIGASTAR®mini 学校理科授業用の教材市場に挑戦しよう!

小学校4年生の学習指導要綱では、①空には明るい星や暗い星、赤い星や青い星などさまざまな星があることを知る。 ②そうした星を美しいと感じる心を育てる。という内容が定められています。そして補足として、できるかぎり本物の星空を観察する機会を持つとされています。

ギガスター・ミニは、45分授業の中で、自ら手を動かしながら、星空を手作りすることで、①について学べます。そして、カウントダウンで現れる美しい「手の上のプラネタリウム」のような星空で、②について体験ができます。
また、学校の先生も、理科室の望遠鏡をひっぱり出してきて、ギガスターを使って天体観察の指導練習ができます。

ギガスターを学校現場で活用することで、生徒は美しい星空に対する興味関心を高め、夏の林間学校で実際に満天の星空を体験したいと望み、学校の先生が、バスに理科室の天体望遠鏡を乗っけて行こうと思ってくれるようになると、願っています。

ワンコインで30分で、美しい星空を手作り

限られた時間しかない学校の天文教育の授業を、より良いものにするために、GIGASTAR®mini を活用した指導案を、天文教育普及研究会に参加する学校の先生方の力をお借りして、創り上げていきたいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お名前 *

ウェブサイトURL

コメント

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>