GIGASTAR®SKY ダイソー蛍光ペンでの星座線の書き方

イベントに参加された方で、「間瀬さんがそう言うなら!」と、ダイソーの蛍光ペンを試そうと思われている方へ、作業のポイントをお伝えします。

まず、「やろうかどうしよう」と心配な方へ補足です。

1.通常のランプでも星座線はかすかに確認できるが・・・
蛍光ペンで描くと、星座線がずっとはっきりと見えるようになります。逆に、「星座線が邪魔」と思われる方もあるかもしれません。個人的には見やすい方がいいと思いますので、写真を参考に、決めてみてください。

2.失敗して星座早見盤が台無しにならないか?
蛍光インクは、紫外線をあてないと見えませんので、万が一ぐちゃぐちゃに描いてしまったとしても、今までの様な使い方での影響はありませんので、安心してください。

3.線が「よれよれ」になって、見苦しくならないか?
星座早見は背景が黒基調で、そこに白い星座線があります。白い線のところに塗られたインクは、とても明るく光りますが、黒いところのインクは暗いため、多少描く位置がよれよれになっても、くっきりと直線の星座線になるので大丈夫です。
ただし、シリウスやベガなど、1等星の丸印のところは、その限りではないので、そこは少し緊張して描くのが良いかも。

4.他の蛍光ペンを使った方が良いとか。
今のところ、他の蛍光ペンを試したことは無いのですが、このペンで十分な性能を有するので、コストも安いですし、お試しするには良いと思います。

以下、描き方です。

1.どう描けば良い?
星の丸と丸の間に、星座線が描かれていますので、この線を蛍光ペンでなぞるだけです。インクは透明なので、どこを描いているのか分かりにくいので、片方の手で紫外線LEDを当てながら描くと、書きやすいです。

2.どの星座を描けばよい?
とりあえず、夜空で見つけたい星座を描いてはいかがでしょう!
おおぐま、しし、うしかい、おとめ、ヘルクレス、かんむり
このあたりをまずは見つけてみましょう。
見つけたら、描く星座を増やして行けば良いと思います。

以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お名前 *

ウェブサイトURL

コメント

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>