GIGASTAR®SKY 減光シートの糊つけ作業の改善~シール方式を採用!

GIGASTAR®の積層シート構造を工場で生産する場合は、スプレーのり等を使用するのですが、ワークショップでお子さんが行う作業としては少し難しいので、今までの講座ではスティックのりを使っていました。

しかしながら、直径300mmくらいの大きさの紙に「のり」を塗ると、紙が水分を吸って伸びてしまい、どうしても「しわ」が出てしまいます。

そこで「しわ」無く、確実に貼り合せることができるように、裏面に粘着剤がついた「シール」を使うことにしました。

採用したシールを分光器で測定すると、その減光率は、1.1等級とほぼ設計値通り。コストが1枚あたり18円、全体で54円ほど上昇してしまうというのは痛いですが、作業性が格段に良くなって、「しわ」なく貼り合せができることは重要なので、こちらを採用することになりそうです。

892278720881182

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お名前 *

ウェブサイトURL

コメント

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>