GIGASTAR®SKY 電池の仕様で悩む! 続報


こうしてグラフにしてみると、やっぱ単3電池の持ちは半端じゃないですね~同じ100円なのに(*^_^*)・・・これは悩みますね~

製品価格の200円削減と言う部分最適ではなく、製品価格とライフタイムでの電池にかかるお金のトータルでお客様にとっての全体最適を考えたら・・・やはり単3電池かな・・・

夜店で売ってるLEDイルミネーションのように、一晩持てばあとはゴミ箱行きでも良いから販売価格を安くするということでボタン電池にするのか、末永く使って欲しいので、トータルでお客様のコストを下げるために単三電池にするのかというのと同じ判断基準ですね。

やはり、この商品を、お客様にどれだけ末永く使ってもらいたいのか!?というところですよね・・。

GIGASTAR®SKY は、星座早見として実際に使ってもらって、自分の眼で星座を探せるようになって、次に双眼鏡を手にするようになったら、星座シートを片手に美しい星空に出会ってもらって、そして望遠鏡を手にしたら、星雲星団シートを活用してさらに奥深い宇宙に触れてもらって、そして最後は、その望遠鏡をかついで田舎に出向いて、GIGASTARが再現した星空よりもずっと美しい本物の星空に出会って欲しい。一生の思い出になるような素敵な星空に出会って欲しい。そのための行動を起こして欲しい。そういう思いを込めて、お子さんが、最初に手にしてから、興味関心が高くなるにつれて、ずっと身近で役に立つものとして使ってもらえるような製品創りを目指しているわけですから、答えはおのずと決まってきますね!やはり、単3電池ですね!

製品に込めた想いをぶらさずに、お客様にとって最適なモノ創りをすべきということ、忘れてしまうところだったですが、このデータを見て、あらためて、思い返せました。見える化って、大事だね。

825455294230192 825455297563525

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お名前 *

ウェブサイトURL

コメント

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>