GIGASTAR®SKY  5等星6等星の穴あけオプション!ってどう?

オリジナルのキットには、直径0.3mmと0.5mmの穴をあける、2本の穴あけペンが同梱されていて、みなさんご自身の手作業で星の穴をあけます。一番少ない星であれば、4等星で450個くらいの穴あけとなります。
でもこれはあまりおススメしません。やはり星が少なくて寂しいから。。。

おススメはズバリ!キットに同梱されている穴あけガイド5等星版を使って、5等星までの1500個の穴あけにチャレンジすることです!
以下の画像は、5等星バージョンの冬の星座の写真です。

もっと頑張れる方は、穴あけガイド6等星版を使って、合計4500個の穴あけに挑戦するというのもOKです!

ただ・・・4500個の穴あけは、普通にやっていると4時間くらいかかるかと思います。時間に余裕のある方なら良いのですが・・・よほど根性がすわっているお子さんで無い限り、お忙しい大人の方や、また、ワークショップの時間制限があるとそれも難しいですよね・・・。

そこで、6等星バージョンの美しい星空をぜひとも!という方には、自動穴あけ装置で5等星と6等星の約4000個の星をあらかじめ加工したものを出荷するという、「微光星穴あけサービスオプション」を検討してみました。星座を形作る4等星以上の星は、穴あけペンで穴をあけていただきます。

このオプション加工は、創業補助金で製作した穴あけ装置を用いて加工しますが、装置の償却費や人件費を考えると、追加で300円くらいのコストがかかってしまうのですが、やはりこうしたオプションサービスがあっても良いかなと思いました。

みなさんだったら、4000個穴開けるのがいいか、300円でラクをするのがいいか、どっちですか?

5等星バージョンの様子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お名前 *

ウェブサイトURL

コメント

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>