GIGASTAR®SKY 8等星バージョン お遊びで(*_*)

実のところ、6等星版の表面紙に8等星から再現してしまうと、天の川との輝度バランスが崩れてしまい、だめなのですが、試しにどんなになるのか作ってみました(*^。^*)

電気に透かして見ると、「星ばっか!」ですが、ルーペで見ると広大な空の中に星が存在しています。

全体で3万6千個になりますが、このくらいの星密度でも、いいのかもしれませんね (*^。^*)

となると、60cm版や、1m版の星空シートは、何個穴をあけることになるかと言うと、単純計算すると、60cm四方版は4倍、1m版は10倍の面積があるので、それぞれ、14万個、36万個になりますね。

人間ではぜったいにできないというか、やりたくない数ですね (-_-;)

自動でたくたん穴があけられるので、こうしたお遊び的なトライもできるんですよね~
大事ですよねこういうのって・・・

913596232082764
穴だらけ
913596225416098
一応表面から見ると、デザインは維持されています。

913596228749431

全体で見るとこんなカンジ。天の川の輝度が6等星版に合わせてあるので、このまま作ると天の川が暗くてバランスが悪くなります。
これを手であけるのは、無理ですね・・・やっぱ機械はすごいですね・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お名前 *

ウェブサイトURL

コメント

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>