GIGASTAR®SKY90 「明宝・星空テーブル」みんなで作ろう!

皆さんにご提案です!
これ、皆さんで材料代出資して、き~ちゃんの山の家に設置しませんか?

この間、感じたのですが、山の家のバルコニーとかに設置したり、外に持ち出して、椅子に座って、グラス傾けながら星を見たりするのに使うのって、めちゃ素敵じゃないっすか?うぁ~やってみたい!

一応丸テーブルなので、日中はテーブルとして使えますし、表面をもう少しお金かけてガラスにすれば、ハードに使っても傷はつかないので、き~ちゃんのところにしても邪魔者にはならないと思います。

先日イベントにも参加いただいた高村さんが、良く魚眼レンズで星空を撮影されていますが、ぜひともこの星空テーブルで使用する「今月の星空」の地平線のところの風景は、その季節の、明宝のパノラマ写真を使いましょう!
今後、他の地域に展開する時には、このコンテンツをお届けする科学館などとペアになる、山間地域の自然のパノラマにするという発想です。

星空の部分は、星座線や解説が必要になるので、グラフィックの方がいいのか、実写がいいのか、難しい所ではありますが・・・。

ということで、一人でこそこそ作ろうと思っていた、「星空テーブル」ですが、ぜひともプチクラウドファンディングで作りたいと思った次第です。
こんなカンジ、

①星空テーブルは、写真にあるような構造になっていて、赤文字が部品の費用です。すでに丸テーブルは間瀬さんが購入しました。

②のこりの3万6千円を、このFBをご覧の皆さんから出資を募ります。表面をガラスでつくる場合は、これに+1.2万円くらいになりそうです。

③8月27日までに、ギガスターサイドで以下の作業を行います。
・高村先生にお願いして、明宝に出向いて、見晴らしの良い場所で、パノラマ写真を撮影する。
・その風景部分を用いて、直径1mの「明宝の秋の星空」の星空シートを作成して、8等星~5等星までは、ギガスターサイドで作っておく。

④8月27日に名古屋で開催する「ギガスターつなぎ融資完済記念ワークショップ」で、光る星座早見の手作りに加えて、みんなで、残りの4等星以上の穴あけと、蛍光ペンによる星座線の「塗り塗り」作業を行う。この時同時に、寄付参加の方から集金する。

⑤完成したら、さっそくそのイベントで、お披露目をします。

⑥次に、「秋の明宝星空ツアー」の企画を紹介して、一般の方も対象とした星空ツアーへの参加を募ります。

⑦そのツアーの時に、作った「星空テーブル」を山の家に寄贈します。

できれば、「明宝の冬の星空」「明宝の春の星空」「明宝の夏の星空」と、今後も定期的に活動が進むといいですね!

今回のイベントの機会をご提供してくれた、こうじびら山の家のき~ちゃんには、本当に感謝しています。殆ど無償の宿泊イベントを提供いただいたわけで、そのおかげで都市部からもたくさんの方が参加いただいて、その結果、ギガスターにとってとても有意義なイベントでした。

その感謝の気持ちということで、今回、私からはテーブル分を寄贈させていただきます。つきましては、皆さんからのお気持ちということで、残りの約3.5万円を、一口1000円で35口でみなさんからの寄付を募りたいと思います!お金は、8月27日のイベントの際に集金するということでいかがでしょう?来れない方は、振込となってしまいますね。

リターンはと言えば・・・そうですね、秋の山の家への星空ツアーに参加した場合、「星空テーブル」を使って、満点の星空の下で、おいしいコーヒー(ブルックスではだめ?)を飲める権利というのでいかがでしょう!?

き~ちゃんに無断で勝手に盛り上がっている間瀬より。

901415839967470

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お名前 *

ウェブサイトURL

コメント

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>