GIGASTAR®Theater 劇場で星空を!~公共ホール向け大型ギガスター

アイデア紹介ついでにこちらも・・・(*^。^*)

このアイデアは、科学館だけでなく、小学校の体育館や公共ホールの舞台などを活用して、美しい星空に出会える「タッチポイント」を提供しようという「GIGASTAR®Theater(ギガスター・シアター)」のアイデアです。

ポイントは、舞台設備をできるだけ活用して、できるだけ多くのお客様に、できるだけ大型のGIGASTAR®を観覧する機会を、できるだけ簡単に提供することにあります。 天文や宇宙をテーマにした講演会が終わった後に、そのまま星空観察会を行っても良いですね!

今まで、環境省と合同出展したエコライフフェアや、科学未来館のサイエンスアゴラで、GIGASTAR®を展示してきましたが、何と言っても一番苦労したのは、GIGASTAR®の幅広いダイナミックレンジを損なわずに超微光星を高いコントラストで観察するための、「真っ暗な環境」を作ることでした。

そうしたこともあり、GIGASTAR®Theaterは、もともとほぼ真っ暗な環境が作れる劇場のインフラを活用したいと思った次第です。 (^o^)/

最初の2枚の図は、固定式の1枚の大型星空シートを観察する方式です。 ポイントは舞台に備わる既存の「吊り下げ装置」や「照明装置」や「暗幕」などを活用することです。

観客は座席に座ったまま、双眼鏡などで星空を観察します。また、通路や一部の座席を潰して天体望遠鏡を持ちこみ、より詳細に観察します。

後半の3枚の図は、星空シートを円筒状にぐるりとつなげて、星空の場面を転換できるようにしたものです。こちらはレールを吊り下げたり、星空シートを吊り下げるユニットにモーターを仕込んで回動させるなど、ちょっと大げさな装置になりますが、ライトユニットが円筒状の星空シートの中に入り込むので、先の事例よりも遮光がしやすいと思います。

!(^^)!

せっかっくなので、こうした迫力ある大型の星空シートを作るのは、郡上や新城など、星空が美しい地域にお住いの皆さんと、岐阜市や豊田市の地域にお住いの皆さんに声掛けして、合計で100人くらいの皆さんに集まってもらって、人海戦術で1日がかりでどわ~っと一気に作り上げてしまうような、そんなイベント企画を実施するのが良いでしょうね!

新城の安形さんや、岐阜大の松林さんあたりが、うまく街づくり企画としてまとめていただければ、十分実現可能ではないかな~と思ったりします。

ぜひご検討を!!!!

次回の「アイデア妄想紹介」は、いよいよドーム型のGIGASTAR®DOMEが登場ですよ~(^o^)/

872232409552480 872224106219977 872224132886641 872224136219974 872224146219973

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お名前 *

ウェブサイトURL

コメント

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>